購入

固定資産税評価額の算出方法ついて

固定資産税評価額は、毎年支払う固定資産税の算定基準となる価額のことであり、不動産売買の際には登録免許税や不動産取得税の基準として用いられています。固定資産税評価額の算出方法に関して解説します。

固定資産税評価額は、市町村が主体となって不動産の評価を行い、「適正な時価」として固定資産課税台帳に登録されています。ここでいう「適正な時価」は売買価格とは異なり一定の基準に従って市町村が評価した価額であり、土地と建物で個別に評価されます。

土地については、不動産鑑定士が標準宅地についての価格を算定して、算定された価格に画地補正を追加し、固定資産税評価額を求めています。建物については、総務省が作成した再建築費評点基準表の点数を基準に新たに同じ住居を建築する際に必要となる建築費(再建築費)を求め、これに経過年数による減価を考慮して、固定資産税評価額を求めています。

続きを読む

住宅ローン関連の費用について

住宅ローンは多くの方は自宅を購入される際に利用されると思います。ローンに関連した費用には金利の他に住宅ローン保証料、保証事務手数料、団体信用生命保険料があり、通算で見たマイホーム費用の中で大きな割合を占めるため、組む時点で十分に検討しておく必要があります。

続きを読む

不動産仲介手数料が必要となる条件と算出方法ついて

不動産仲介手数料は不動産の売買・賃貸契約が成立したときに不動産仲介業者に支払う手数料です。金額は物件価格の3%程度に及び、高額な不動産取引においては大きな費用となります。ここでは不動産仲介手数料に関して、支払いが必要となる条件と、手数料の算出方法に関して解説します。

続きを読む

司法書士費用の概算について

司法書士費用は主として登記の際に必要となります。マイホームを購入する際には土地、建物、抵当権の登記を行いますが、登記には登録免許税の他に司法書士費用がかかります。ここではマイホーム購入の際に必要となる司法書士費用の概算について解説します。

マイホームを購入する場合、中古物件の場合は土地所有権と建物の売買による移転登記、新築物件の場合は土地所有権の移転登記と建物の保存登記が必要となります。ローンを組む場合は抵当権の設定登記も必要です。これらの登記には登録免許税の他に司法書士費用がかかります。

司法書士費用は登記を行う地域や依頼する事務所により開きがあり、一概には計算出来ませんが、概算を行う上で参考となるデータとして、2013年に日本司法書士連合会が行った報酬に関するアンケート調査で各地区ごとの低額者平均、全国平均、高額者平均報酬が公表されていますので、こちらを紹介します。

続きを読む